スポンサードリンク



カテゴリー

シカゴピザについて

  1. シカゴピザの店舗
  2. シカゴピザのメニュー

シカゴピザの店舗

株式会社シカゴピザはピザ宅配業者。ちなみに同社はシカゴピザの他にシカゴデリータ、ボーノ!シカゴなどの店舗を展開しています。では、シカゴピザの歴史を見てみましょう。

この宅配業者の産声が上がったのは1987年のことです。クラストと呼ばれるピザ生地を扱う業者であった株式会社トロナジャパンがピザの宅配事業を開始したのが始まりです。シカゴピザと言うと、本来は米国の都市シカゴで食べることが出来るディーピディッシュピザ、あるいはスタッフドピザのことです。通常のピザ生地ではなく、巨大なタルト生地のような生地にピザソースやチーズ、トッピングを通常のピザの何倍も投入するピザがスタッフドピザです。しかし、株式会社トロナジャパンが目指したのは、このスタッフドではなく、リトルイタリーの香りが漂うオールドシカゴスタイルでした。2008年にはトロナジャパンから分社する形で株式会社シカゴピザがスタート、今日に至っています。

生地専門のメーカーが作り上げたピザデリバリーというだけあって、味のほうは折り紙つき。また、具材に関してもかなりこだわりを見せており、同じ宅配ピザの他社と比較してコアなファンが多く付いているのが特徴です。もちろん豊富なメニューとお得なクーポンも人気です。そんなメリットを活かし、あっという間に店舗数を延ばし、現在は130店舗が全国に展開されています。主に、フランチャイズ経営が多くなっており、直営店は23店舗、フランチャイズ店が95店舗と言う内訳になっています。

シカゴピザのメニュー

クーポンが使えてお得な宅配ピザ「シカゴピザ」。全国に130近い店舗が展開されているので、愛用している人も多いはず。今回はシカゴピザのメニューの中から、大人気のサイドメニューを紹介していきましょう。

サイドメニューの王道といえば、ビールやワインに良くあうおつまみ系メニューですよね。シカゴピザはその辺りもきちんとおさえていますよ。まずは、かりっとした衣が香ばしくて癖になる「クリスピーフライドチキン」。かぶりつくとジューシーな肉汁があふれ出す一品です。あるいは「骨付きソーセージ」なんていかがですか。こちらは豚肉中心の粗引き肉をソーセージに仕立てています。パリッとはじける皮の奥に旨味がぎゅっと詰まっています。もちろん、ビールとの組み合わせはゴールデンコンビです。ちなみにシカゴピザはビールも扱っています。必要ならオーダーに含めてくださいね。

海鮮系メニューがお好きならシカゴピザ特製「エビホップ」がいいでしょう。こちらはぷりぷりのエビの殻を剥いて揚げた一皿。タルタルソースが付いていますが、B級グルメっぽく家にあるソースをだぼだぼかけて食べるのもまた乙です。このエビホップとセットでよくオーダーが入るのが「コインハッシュ」。いわゆるハッシュドポテトなのですが、大きさがコイン大に整えられていて食べやすくなっています。この両者をまとめてオーダーできるのが「つまんでホップ」。ケチャップが付いたオニオンリング、「クリスピーオニオン」も甘さたっぷりで大人気になっています。

スポンサードリンク