スポンサードリンク



シカゴピザの店舗


シカゴピザは全国に130店舗近くありますが、直営店は23店のみであり、ほとんどがフランチャイズ経営になっています。実際、シカゴピザではフランチャイズ契約を結んだ顧客が継続して経営を続けられるように様々なサポートをしており、サイトに初期投資のモデルケースも載せています。ここでは、シカゴピザにフランチャイズ加盟する際に必要な初期資金について解説していきましょう。

一般的には、外食産業にフランチャイズ加盟して店舗を構える場合、2千万円程度が必要と言われています。しかし、シカゴピザにおいてはその約7割前後、1千5百万円程度で店舗を持てると述べられています。例えば、加盟に際しての研修や契約金で220万円、店舗の改装や回線工事で530万円、厨房機器が425万円、バイクは6台の設定で160万円、制服や備品などでさらに100万円。保険や従業員の募集広告、オープニングに関連したクーポンつきチラシやメニューの配布でさらに55万円。こうした初期投資を合わせると1千495万円となっています。もちろん、これはモデルケースですので、立地や店舗規模で異なってきますが、他社のフランチャイズよりも低価格で済むのは確かなようです。

シカゴピザでは、フランチャイズの開店をパッケージングすることで省力化を図っており、オープン前の忙しい時期にもスムーズに物事が進むようにサポートしてくれます。本気で事業を起こしたい、しかもピザ宅配で成功したいという人には魅力的なフランチャイズといえそうです。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シカゴピザ 宅配ピザのメニュー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form

スポンサードリンク